jackymackの日記

社会弱者のための情報通信の語り部と環境の語り部を目指しています

11月19日(木)久恵救急車で阪大病院 豊子腰痛で救急車で東豊中渡辺病院 あわただしい一日 真司の風呂日 私の大学の授業も休講


11月19日(木)久恵救急車で阪大病院 豊子腰痛で救急車で東豊中渡辺病院 あわただしい一日 真司の風呂日 私の大学の授業も休講
(家族) 
 ・久恵朝6時半に起床 体調が悪く水の嚥下ができず、メスチノンも飲めず、呼吸が苦しくなり、8時前救急車を呼び、阪大救急センターへ 刈処置をしてもらい、主治医の配慮で、入院を決めた 10時に部屋に移り、症状は少し落ち着いた 私は午後、入院荷物を整理と運搬のため、家に帰る 3時前に、病室に来て、病室の主治医から処置の説明を受ける 4時半過ぎに家に帰る
 ・豊子は朝、起きてベッドから車いすに移るときから腰が痛いと訴え、救急車を呼び、病院へ 診断は腰痛 入院を勧められたが、私から断り、家に帰った この間、ケアーマネージャーと頻繁に電話連絡 4時半過ぎにマンションに帰る ベッドから車いすに移れず

 ・私は、9時前、大学に電話し、本日の授業を休講にした 後日、補講など調整が必要 間に合ってよかった また、この日教会の柴田さんが久恵の見舞いに来る予定だったが電話で断った 須賀茂登子さんが病室に来られ、祈って帰られた いろいろなことがあった
 ・真司も心配し、メールしてきた 電話で直接話をし、夕方訪問時に詳細に説明した
(久恵の処置)
 ・当初は、翌日の20日入院予定だったが、緊急症状が出て、早めに入院した 重症筋無力症の症状が続くので、新しい療法を繰り上げて行う
主治医から説明を受けたが、抗体すべてを体内から取り除くそうで、長時間の点滴をするそうだ うまくいくことを祈るのみ
(写真)
 ・朝、早くから急変があり、リッキーをほったらかしにしてしまった